血パンダ公演『Generalprobe』前口上

投稿者: | 2017年2月27日

特に「劇場」を絶対に使わないと決めていたわけでもないのですが、演劇やるにあたって劇場は必須のものではないと、とっくの昔に発見済みなもので、今回、結成以来初の劇場公演となります。
バトンに吊られている照明器具とか、なにもしなくても全暗転できる環境ってのは、やっぱり便利ですね。
「初めて劇場で」ということで「おめでとうございます!」とか言われたりもしましたが、そもそも念願とか全くしてこなかったので、その辺全く目出度くもなんともない、いつもの血パンダ通常営業なので、ご了承ください。

台本を書いて演出をする様になってから30年ほど経ちますが、これは同時に、感情移入がどうとか、共感できたとかできなかったとか、理解できたとかできなかったとかいう、どうにも消費目的の欲望との無駄な戦いとの年月でもあった気がしています。
そういった、どこで覚えてきたのかもわからない演劇を見に来る動機と戦うなんてのはそもそもナンセンスなことで、早々にそういうよくわからないところから降りて、極めて正直に、ただ圧力だけを用意する努力をする様になりました。
本当に悲劇しか模索しないし、演じられている場に吊り込まれた人の日常に、ほんのりで良いので侵入できれば良いと、それを目標にしてきました。

そうなるとかえって、世間的にそういう消費のされかた、期待のされ方をしていない様に見えるジャンルが羨ましかったりするんですが、じゃぁ、演劇やめてそっちやろうかとならないのは、なかなかどのジャンルも演劇ほど上手くマイナスの感情を無造作に放り出してみせることができないからだと、今回の稽古場で再確認したものであります。

Generalprobeとは、本番前に本番と全く同じ形で行うリハーサルのことで、日本ではゲネプロとかゲネとか言います。
日常が止まることなく命の終わりに向かっていく本番と捉えたら、演劇のゲネプロなんてのは、虚構のための完璧な予行演習という、ありえない贅沢な時間で、そりゃもう、出来のいいゲネプロは誰とも共有したくありません。
 
『Generalprobe』大変恐縮ですが、本番をごゆっくりお楽しみください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です