月別アーカイブ: 2015年10月

塔の中の炎

むかしむかしあるところに、ずっとずっと消えない炎がありました。炎は、どれだけの大きさかもわからないほど、途方もない大きさの亀の背にある塔の中で、世界の始まるなお前から、ずっと燃えていました。これが誰のものなのかについては… 続きを読む »

庭の秘密

むかしむかしあるところに、月に照らされた噴水の美しい庭がありました。 この庭は、月夜があまりに美しいので、王様が魔法使いに命じて、そこだけずっと月夜のままになっています。 ある日のこと、一人の宇宙人が懐中電灯を携えて、こ… 続きを読む »

長い移動をどうにかするアイディア

むかしむかしあるとろに、一匹の亀がいました。 亀はある日、どうしてもエジプトに行かねばならなくなったので、とりあえずリンゴを背中に乗せて出かけました。 亀はそれなりに急ぎの用事だったので、はやくエジプトに行きたかったので… 続きを読む »

困ったデタラメ

むかしむかしあるところに、魚の木がありました。 魚が木になっている様子なんて、なかなか想像できませんが、そこで実った魚は決まってある季節の雷雨の日に木から落ちて、とにかく地面に雨水のあるうちに、どうにかもがいて近くの川に… 続きを読む »

魚とピラミッド

むかしむかしあるところに、一匹の魚がいました。ある夜のこと、その魚は、宇宙との交信係りとして、寝ずの番をしていました。魚たちはこの百年、大宇宙連合と交信する地球の代表の生き物として多くの功績を残しています。これは特に不思… 続きを読む »

言葉の裏側の木

むかしむかしあるところに、といっても地上のどこかは秘密ですが、一本の木が生えていました。いいえ。その木は今も、確かに世界の何処かに生えています。その木は、あらゆる言葉の裏側にあって、全ての木に似ていて、どの木とも全く違う… 続きを読む »

散歩

むかしむかしあるところに、ホテルの最上階を住まいにしている男が居ました。 男は、心の悪魔と上手に話しができるおかげで、損得の計算が鋭いほど上手く、磁石が砂鉄を吸い寄せる様に、お金をたくさん吸い寄せることができます。 そん… 続きを読む »

月を見る会のはじまり

むかしむかし、あるところに大きな窓のお屋敷がありました。 そのお屋敷の主人は、月の見える夜にはずっと月を眺めることを、なにより楽しみにしていました。 ある夜のこと、家の主人がいつもの様に月を眺めていると、遠くの道を急ぎ足… 続きを読む »

タワーシアターの蜂蜜

むかしむかしあるところに、高い塔がありました。その塔を背景にする様な形で劇場がひとつあって、昔ながらの仮面劇が毎晩上演されています。その劇場の照明倉庫の屋根裏に蜂が巣を作っていました。蜂たちはせっせと巣を作っても、あまり… 続きを読む »