日記」カテゴリーアーカイブ

2018.03.14

鍬が折れて柄を買いに出る。開墾は進んでいるやらなにやら。 恐らく、こちらが要求に応えるどころか、結果的に全くチャンスも与えなかったからだと思うが、久しぶりに意図の読めない動きをされて、少し気色の悪い思いをする。 なかなか… 続きを読む »

2018.03.13

進んでいるものか、全く手応えも無いが、山の開墾は続く。

2018.03.12

『ゴドーを待ちながら』の新訳を読む。 あまりのことに、思わず二周してしまって、上演したさしかない。 山は、果たしていろいろ間に合うのだろうかと思う。開墾。どうなるんだ。

2018.02.06-2018.03.11

色々と慌ただしいうえに、書くに書けない日々。 血パンダ公演は無事に終了し、一貫性について考えることになる。 あんまり調子のいい春とはいえないが、春は常にそんなもの。 山に入って、体力の低下にびびる。とりあえず整理できそう… 続きを読む »

2018.02.05

平常運転。 Googleの検索結果で、ページタイトル+無関係の地名が表示される異常現象。 なにがなんだかと思っていたら、サブドメインを叩くと違うサイトが表示されていた。 たまらん設定ミスだが、Googleも、なんともいえ… 続きを読む »

2018.01.21-02.04

1月28日にTEDxHimi2018。 29日の月曜日はあれよあれよと終わり、30日火曜には画像データが届く。 柴田がそのまま、土曜日までトークの編集をしていた。前後2週間はあっと言う間に過ぎてしまった。 今回のTEDx… 続きを読む »

2018.01.20

今日、本屋でフランス現代思想の棚から本を取り出す女子高校生を見かけた。書架の上の方だったので、多分フーコーの解説本の界隈だろうか。 要は頑張ってこういう女子が気になる感じの劇団を仕立てればいいんだなと、そう思えば励みにな… 続きを読む »

2018.01.19

引きこもって仕事。 とある要件で、最後にまとまった規模のライター的な仕事をしたのはいつだったかを手繰ってみたら、2009年のことだった。 10年なんざあっという間だが、今の段階で、もう9月の計画を立てているわけで、ことし… 続きを読む »

2018.01.18

午後から劇場の下見と、TEDxHimiに登壇していただく引網さんとの打ち合わせ。 引網さんの話し、やはり非常に興味深い。多くの人に直に聞いて欲しいもの。

2018.01.17

外出無し。 次回公演もまだなのに、新作を思いついてしまっており、とりあえず書き始める。 小僧向けに将棋の本にルビを振る。小僧向けと言いつつ、むしろこちらが勉強している。 とにかく負けない様にするのが精一杯だが、もう限界を… 続きを読む »