Rory’s Story Cubes」カテゴリーアーカイブ

思案のしどころ

昔々あるところに、一匹の虫が居ました。 虫は、自分の住んでいる木が、何かいいアイディアでリンゴの様な美味しい実のなる木に変えられないものかと、常々考えていました。 この木に美味しい実がなれば、きっといろんな連中が行き来す… 続きを読む »

虫からの電話

むかしむかしあるところに、一冊の本がありました。本にはただずっと「?」と書いてありました。そんな本の意味をリンゴを食べながら考えていると、電話がかかってきました。虫からです。虫は今、エジプトのピラミッドの頂上に居て、そこ… 続きを読む »

冬の遊びに備えろ!

ストーリーキューブを振っても、いまひとつお話に至らない日々が続いていますが、小僧の方は絶好調な様で、仕事している横で次々おはなしを作るので、思わず録画してしまいました。サイコロをふるスペースがないので、缶にいれております… 続きを読む »

困ったままの男

むかしむかしあるところに、ひとりの男がいました。まったくなにも変わったところのないただの男でしたが、道を歩いていて、サイコロをひとつ見つけました。何気なくそのサイコロを拾って、橋のたもとまでくると、次は天秤を見つけました… 続きを読む »

落ちてきた項目

むかしむかしあるところに、一冊の百科事典がありました。その百科事典の「L」の項目は、すべて流星と一緒に、地球の外からこの本に落ちてきたものです。なので、それが確かに「L」の項目だというのに、見ても全く意味がわかりません。… 続きを読む »

昔の人

むかしむかしあるところに、ものすごく高いビルと呼ばれる建物がありました。今はもうそんなものがなくなってかなり経ちますが、そのころはものすごく高い建物がたくさんあったのです。その頃、人間はまだ蜂が通信の役に立つことも知らず… 続きを読む »

塔の中の炎

むかしむかしあるところに、ずっとずっと消えない炎がありました。炎は、どれだけの大きさかもわからないほど、途方もない大きさの亀の背にある塔の中で、世界の始まるなお前から、ずっと燃えていました。これが誰のものなのかについては… 続きを読む »

庭の秘密

むかしむかしあるところに、月に照らされた噴水の美しい庭がありました。 この庭は、月夜があまりに美しいので、王様が魔法使いに命じて、そこだけずっと月夜のままになっています。 ある日のこと、一人の宇宙人が懐中電灯を携えて、こ… 続きを読む »

長い移動をどうにかするアイディア

むかしむかしあるとろに、一匹の亀がいました。 亀はある日、どうしてもエジプトに行かねばならなくなったので、とりあえずリンゴを背中に乗せて出かけました。 亀はそれなりに急ぎの用事だったので、はやくエジプトに行きたかったので… 続きを読む »