2018.03.12

投稿者: | 2018年3月12日

『ゴドーを待ちながら』の新訳を読む。
あまりのことに、思わず二周してしまって、上演したさしかない。
山は、果たしていろいろ間に合うのだろうかと思う。開墾。どうなるんだ。