2018.03.14

投稿者: | 2018年3月15日

鍬が折れて柄を買いに出る。開墾は進んでいるやらなにやら。
恐らく、こちらが要求に応えるどころか、結果的に全くチャンスも与えなかったからだと思うが、久しぶりに意図の読めない動きをされて、少し気色の悪い思いをする。
なかなか無いレベルでずれていたものだ。