ブログ開始

投稿者: | 2016年6月21日

これまで欲望の赴くままにブログを書いてきましたが、そもそもブログの書き方を教えている人間が、何がなんだかわからない暗号を書いていても説得力が無いので、わかりやすさを心がけてブログを書くことにしました。

2010年以降、何箇所かでやってきたブログ講座は、幾つかのサービスでメールマガジンの購読者となったユーザーとのやりとりを踏まえて考案した方法です。
文章の書き方、何かの伝え方を指南する講座の多くが起承転結の構成を勧めていますが、基本的に関心の薄い読者の斜め読みに耐えるには、「枕」「結論」「結論の理由」「〆」という構成で、計600字程度を最低ラインに据えて文章を書いていくことをお勧めします。

アフリエイトから収入を得るなど、ブログから直接成果を得たい場合や、特に効果を期待しない単なる個人的な日記の場合を除いて、ブログは記事を蓄積していくことで一定の効果を得ることを目標として書きます。
つまり、多くの会社、お店、サービスに従事する皆さんが、自力で発信できるメディアとしてブログを利用する場合は、通常の業務を圧迫しない範囲で、敢えて特筆することがなくても、何らかのブログエントリーを書く方法を身につける必要があります。
その最初の基準が600字です。基本的に、これを1時間程度で書くことができ、600字では舌足らずだと感じられれば、次の目標は800字を超えることです。
無用に刺激的な内容やタイトル、サービスに関係しない私的なこと、時々ネタを始め、再読する必要の無い内容のブログを書き慣れていくよりは、「枕」「結論」「結論の理由」「〆」の構成で、手を替え品を替え自らのサービス内容について解説してみることをお勧めします。
蓄積の効果は即座には得られませんが、よくある話しで、練習を心がけて100日書き続ければ100のエントリ、書いていなければ0。再読する必要のないものに時間を使うのは無駄です。

ちなみに、直接的な成果を得たい場合は、なにがなんでもページビューを稼いでください。具体的な方法については、模索した経験がないので他所のブログ講座を参考にどうぞ。
さて、600字どころか、900字に至ろうとしています。ブログの活用の件、詳細はまた気が向いたら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です