噴水の地下の秘密

投稿者: | 2018年8月2日

むかしむかしあるところに、噴水がありました。
その噴水はとても美しく、水の音もまるで音楽の様に聞こえます。噴水の周りには沢山の隊商が天幕を連ねて、交易のための長い長い旅の中継地点にしています。
この噴水の場所から先に進むには、なかなかの苦労が必要で、隊商の商人たちはこの土地で、そこから先の旅程について慎重に計画を練るのでした。
ある日、その噴水に一匹のコガネムシが、王様の命令で、羊と一緒に虹を渡ってやってきました。
それは、その噴水の地下から出発する。潜水艦に乗り込むためです。
王様は、密かにこの場所に潜水艦を置いておける基地を作っていました。誰もこんな場所から潜水艦に乗り込めるなんて想像もしません。
噴水に使っている地下の大きな水脈が、やがて海につながることがわかったときに、王様はこの秘密の基地を作らせたのです。
慎重に計画を練る隊商の商人たちに比べて、王様は自由に様々な部下に命じて、いろいろなことを実行します。部下のみんながちょっと困ることもありますが、王様が正しいことを計画しているとわかるので、どんなに苦労しても、少し頑張って目的を果たすのでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です