流れ星の使いみち

投稿者: | 2018年8月3日

むかしむかしあるところに、流れ星が落ちました。
あなたは流れ星を、不思議な光線銃や、いつでもちょっと冷たくしたお酒が飲める不思議なカップの材料にしました。
ステキな虹の出たある日、初めて見る小人がやってきてあなたに文句を言います。
「なんてくだらないことに流れ星を使ってくれたんだ。あれがあれば、大勢の人が助かる薬ができたし、世界の秘密手掛かりになる重大なピースのひとつだったに違いないんだ。言うなれば、行けなかった対岸に向かうための橋、ひょっとしたら秘密の錠前そのものだったかもしれないというのに!」
小人はもうカンカンで、とにかく収まりません。もう丸二日も顔を真っ赤にして怒り通しです。
さて、あなたは決めなければなりません。
この小人を光線銃で消してしまうか、ちょっと冷えた美味しいお酒で機嫌を直してもらうか……。
光線銃で消すなんて恐ろしいことです。でも、小人というのはだいたい酒癖が悪いと決まっていて、機嫌はなおるかもしれませんが、そもそもどうなるかわかりません。
あなたならどちらにしますか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です