個人的に、TEDxHimiへのお誘い

演劇活動をやっておりまして、劇団のメンバー数自体はまだま少ないですが、そこそこいい感じの仕上がりが見えてきているので、そろそろ仕事と劇団以外の活動の座組をしっかりしないと身が持たない感じになって参りました。 仕事と劇団を… 続きを読む »

TEDxHimi勉強会その2

7月1日に続いて、15日、16日、17日の三連休もTEDxHimiの勉強会というか、アクティビティを行う。 金属と私たち第二弾:勉強会開催のお知らせ 何をするか、平たく言えば。 電磁石を作って砂鉄を集めてみよう 火を燃や… 続きを読む »

TEDxHimi勉強会のお知らせ

継続してTEDxHimiの準備はしている。 前回カンファレンスの準備だけな割に、なにかと物足りない思いをした反省を活かし、自分のことでクソ忙しいけれど、TEDxHimiの活動も真面目にできないかと考えている。なかなか追い… 続きを読む »

退屈なことはPythonにやらせよう

年に何回か、ちゃんと書けばたいした行数にもならないだろうに、スクリプトを書かず、コマンドをパイプでつないで本当に欲しい結果の手前ぐらいでよしとする弱い心と直面することがある。手前なので、短縮できている時間も手前分までだ。… 続きを読む »

映画:美しい星

リリー・フランキーは、なんかのインタビューで、単純に単価上げることを考えて仕事してるだけだというようなのを見かけて、あんまり興味を持つ必要もない人だなぁと思っていたんだが、今は俳優なのね。なんでも達者というのはステキなこ… 続きを読む »

読書:デューン砂の惑星

つい、『カラマーゾフの兄弟』と『応仁の乱』に手を出して、独特の濃さに他の本に救いを求めたものの、面白いことには変わりなく、なかなか上手くこの二冊から逃れられないでいた。 ふと、『デューン』を下巻の頭で中断していたことを思… 続きを読む »

映画:はじまりへの旅

『はじまりへの旅』を見てから、内様についての反芻を繰り返していて、あまりまとまった考えが浮かばない。 チョムスキーの扱い、母親の造形、他諸々の描写。 これはひょっとして、全て批判的に受け止めて笑うところが満載の映画だった… 続きを読む »

映画:メッセージ

『メッセージ』を見てきた。 先に小説の方を読み直したので、映像の描写力と、映像で描写することのもどかしさをひしひしと感じることができる。どうしようかと思っている人にはオススメ。見終わって、もう一回小説が読みたくなっている… 続きを読む »